ビジネスシーンや深いコミュニケーションに「英文法」は必須!

外国人観光客の急増、そしてこれからのますますの増加が期待されたり、企業の社内公用語英語化の動きが広がりをみせたりと、英語の重要性は高まる一方です。

しかし、英語における英文法の存在はやや軽んじられがちで、ネイティブ講師による発音レッスンや、聞き流しなどによるリスニングレッスンの人気とは反比例してしっかり学ぼうとする人が少なかったり、おざなりにしている人が多いのが現状です。

文法というものは日本語でも一般的に毎日、常に意識して使うものではありません。しかし、話すうえでも書くうえでも大事な基礎となります。

英語をマスターし、より円滑なコミュニケーションや意思疎通を図ろうとする場合、「文法力」は必須になりますし、ビジネスシーンや専門分野においては必要不可欠です。発音やリスニングは少々不安定でもジェスチャーや場の雰囲気でなんとか押し通してしまうことができます。

しかし重要な場面において物事の意味や意図を正確に理解し伝えるといった相互コミュニケーションは英文法がしっかりしていないと成り立ちません。

受験英語の代名詞として揶揄されることも多い英文法ですが、中高で習うことにはちゃんとした意味があるのは、単語の羅列を誰がみても意味の通じる「文」にするために重要だからです。

そんな英文法ですが、「どうやって英文法の勉強したら良いの?」と感じられている方は多いと思います。そこで、このサイトでは英文法の学習が苦手な方向けにアドバイスをまとめています。

※英会話教材を買う前には、英会話教材のランキングサイトを確認しておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加